庭師になるには資格が必要なのか

庭師になるには資格が必要なのでしょうか。
庭師とは造園師ともいわれます。

庭師になるには絶対必要な資格はありません。
資格は、国家資格である造園施工管理技士や造園技能士があります。

高校を卒業して造園会社に就職して庭師になることが出来ます。
または、大学や短大の造園科を卒業したり、造園の専門学校を卒業して庭師になる方もいます。

植物や造園の知識も大切ですが、造園に関するセンスや技術も必要になります。
経験を積んでゆくことが大切な仕事ですから、知識だけではいけません。

しかし、資格があるのだから資格が無いといけないことももちろんあります。
造園施工管理技士とは、1級と2級の2種類があります。
1級造園施工管理技士は、営業所ごとに置かれる専任の技術者や工事現場ごとに配置される主任技術者や監理技術者になることが出来ます。

造園技能士は、庭に関する知識や技能を備えている人が取得できる資格です。
造園、庭の管理維持、それらの公共工事では現場に資格取得者の参加が義務付けられています。

造園に関する資格は庭師になる場合は必要はないが、造園に関する管理職や会社などを興す際に必要となる資格です。
もし庭師になって将来会社を興したり、管理をする職に就くことを考えているのであれば、資格の取得を視野にいれて勉強を開始してもよいのではないでしょうか。
特に1級の資格は一般的に難しいです。
歳を重ねてから受験勉強をするより、若い時に受験勉強をしたほうが、結果につながる可能性が高くなります。

https://xn--058-kc4b918mfutx3hlkh.net/