日本人に不足しがちな栄養素

食べ物が溢れかえっている今の日本で、栄養不足になることがあるでしょうか。 実際、私たちは、美味しい食事を摂っていると思いがちですが、栄養的に見ると、意外にも不足しがちだと言われています。日本人の食事は、脂肪や炭水化物は十分すぎるほど摂れているのに、ビタミンやミネラルといった栄養素は不足しています。

これは日本人全体の食事が、ビタミンやミネラルが多く摂れる和食から、脂肪分がカロリーが高い欧米食に変わってきている為です。野菜自体が含有している栄養素の量も、近年では少なくなってきています。1本のにんじんが含有しているビタミンA量を比較すると、1950年と1980年とでは、昔の1/3になっています。今なお、野菜の含有する栄養量は、減りつづけているといいます。たとえ緑黄色野菜の多いメニューにして、ビタミンやミネラルがわずかしか得られません。野菜の栄養価が下がっているのは、日本の土地が痩せてきているからです。土壌に含まれるビタミンやミネラルは、土から栄養素を吸い上げています。土壌のビタミンやミネラルが減ると、私たちの体の中の栄養も不足するのです。加工食品が増えていることも、ビタミンやミネラルといった栄養素が不足する原因のひとつです。加工食品はそんなに食べていないという人もいると思いますが、玄米を精製して白米にするのも調理するのも加工の一種です。ビタミンは、熱をかけると破壊させる性質があります。体にいい食事をしているつもりでも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しないように、サプリメントを使うのは良い方法といえます。
http://www.globalyorum.com