辛子明太子をたらふく食べるコツ

酒飲みの人なら分かると思うのですが、妙に辛子明太子を食べたくなる時ってありません?毎日というわけではないですが、すごくアテにしたくなる時があるんですよね。

辛子明太子と言えば、ご飯にのせたりおむすびに入れたり茶漬けにしたり。パスタに入れる人もいますよね。炭水化物のお供にぴったりですね(笑)

私はピリ辛が好きなので、ご飯のお供ではなくそのまま食べるのが好きなんです。ちょっと口に入れて、好きな酒(日本酒)をチビチビといただく。テレビ見ながらそんなことをしているとものすごく幸せを感じます。

ところで、辛子明太子はスーパーでも売っていますが、もっと新鮮でしっかり味付けされたものをたらふく食べるにはどうしたらいいと思いますか?お金に余裕があれば、日本近海で取れたタラコで、本場博多の工場で加工されたものが最高ですが、それだと高いですよね。地元ならまだ安く買えるでしょうけど。

そこで見つけたのがネットショッピングの訳あり品。訳ありの明太子なら1kgで3000円もしません。
訳あり 明太子 1kg

これくらいの価格だと、カナダあたりの海でとれたものになりますが、味付けなどの加工をする工場さえしっかりしていれば、美味しくいただけます。できれば博多のメーカーがいいですね、本場ですから。

訳ありというのは、品質の悪さや古さではなく、仕方なく切子になったものを指します。1本物で製造している過程で、どうしても切れてしまう辛子明太子があり、それだと贈答用に使えません。だから品質的には贈答用に匹敵するものなのに、1本物ではなくなったから安くなっているんですね。だから味は高級品と変わりません。違うのは形だけです。

この条件だと、スーパーで買ったら1kgで4000円か5000円はすると思いますが、ネットショップの訳あり品なら3000円もしません。これなら贅沢にたらふく食べられると思いませんか?いや、思うのではなく実際に食べられるんです。うちは妻と子がいるので、家族で食べています。息子なんか辛子明太子だけでご飯を食べてしまいます(笑)

栄養価が高いのでその点はありがたいのですが、息子が辛子明太子にハマってしまったので、もう訳あり品から脱却することができなくなりました。もし辛子明太子をたらふく食べたいのなら、ネット通販を利用してみましょう。