定時制高校に通っていた元クラスメイトの話

私は鹿児島県に住んでいて、鹿児島市に開陽高校という全日制と定時制の両方を設置している高校があります。

私自身はそこまで親しくなかったのですが、中学時代のクラスメイトがそこの定時制に通っていたと人づてに聞きました。彼は地元の高校を1年で退学していたそうで、定時制高校に入学して再び1年生をしていたそうです。なので、私は定時制高校に対して、一度ドロップアウトした人が社会に出るために通う学校というイメージがあります。この高校は単位制ということを聞いたので、課題を提出すれば卒業出来るというイメージもあります。彼は彼なりに一生懸命学校に通っていたと思います。しかし、私が高校2年生で彼が定時制高校で1年生の時に、彼は交通事故で帰らぬ人となりました。特に親しい間柄ではありませんでしたが、彼が亡くなったと聞いた時は非常にショックだったと今でも覚えています。彼が定時制高校に通っていたと聞いたのは、彼の通夜の時でした。私のクラスメイトだった彼が社会復帰することは叶いませんでしたが、定時制高校は一度社会のレールから外れた人たちのセーフティーネットになっていると思います。
通信制高校に落ちたらどうする?