二通りの方法

車の廃車について書いていきます。廃車にする時には、二通りの方法がありますが、このうち、

15条抹消する時には、解体証明書が必要となります。15条抹消をする時には、本人が行く場合ですが、車検証とナンバープレート、印鑑証明書、 OCRシート第3号様式に押す印鑑(実印)と三文判が必要です。15条抹消する時には、これ以外に解体業者が発行する解体証明書というものが必要となってきます。本人以外が行く時には何が必要なのでしょうか。車のナンバー、車名、形式、車体番号、住所、名前を記入して所有者の実印が押してある委任状、所有者の三文判が必要となります。もし、所有権の解除と同時に行う時には、所有者のディーラーやローンなどの会車名駅の印鑑証明書と実印を押した委任状が必要となります。印鑑証明書ですが、3ヶ月以内にのものでなければなりません。また、もし結婚などによって名前が変わってる場合或いは引っ越しなどで住所が変わってる場合には、同じ人であるということを証明するために住民票や戸籍抄本が必要となります。車買取 栃木