歯科助士はどんなことをしているのか

歯科助士はどんなことをしているのでしょうか。
歯科衛生士とは違うのでしょうか。
歯科助士と歯科衛生士は全く異なる仕事です。

歯科助士になるには国家資格は必要ありません。
歯科医院の求人条件に合えば誰でも歯科助士になることは出来ます。
国家資格を持っていませんので、患者さんの口の中は触れません。
受付や唾液の吸引などを行います。
歯科助士は歯科医師の助士という位置づけになります。

一方で、歯科衛生士になるには国家資格が必要です。
大学や専門学校を卒業して国家試験を受験して合格すると資格を授与されます。
歯科衛生士は、国家資格を持っていますので患者さんの口の中を触れます。
例えば、歯石の除去、歯のクリーニング、歯に薬剤を塗ったりすることをが出来ます。
ただし、歯科医師と同じ施術が出来るということではありません。
歯科医院のよっては歯科衛生士についての情報を掲載している所もあります。

このように歯科助士さんは歯科医師の助士として活躍をされているのですね。
歯科助士と歯科衛生士は全くことなる仕事です。
両者の違いを知っていれば、歯医者さんに通院した時に、この人は歯科助士さんかな、この人は歯科衛生士さんかな、と違いが分かってくるのではないでしょうか。

http://xn--037-s73b6nx721aba607y6hhb7cdw2l.xyz/