筋トレと有酸素運動

筋トレと並行して、有酸素運動(エアロビクス)に取り組む人もいます。有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングのように、息が切れないような軽い運動を長く続けるトレーニングです。運動中に酸素を介して体脂肪を効率的に燃焼するために、肥満を改善する効果に優れています。筋トレと同時に有酸素運動を行うのなら、筋トレから有酸素運動の順番で行なうのが良い方法です。有酸素運動には、筋肉の温度を上昇させるウォーミングアップ効果をがあることから、以前は、有酸素運動から筋トレの順番で行なうことが推奨されていました。しかし、筋肉を鍛えながら、体脂も燃やしたいと二兎を追う作戦ならば、筋トレから有酸素運動の順番が正しいと言えます。
筋トレを行なうと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには、脂肪細胞に働きかけて体脂肪の分解を促す作用があります。筋トレを行なうと体脂肪の分解を促す作用があります。筋トレを行なうと体脂肪が分解されているため、その後の有酸素運動で体脂肪燃焼されやすくなります。http://www.giftingitalia.org/