渡辺直人選手が楽天に復帰して思うこと

私が応援している楽天イーグルスに、渡辺直人が復帰しました。

この選手は、メジャー帰りの松井稼頭央選手の入団にともない、トレードに出された苦い経験を持ちます。

入団会見においては、うれしさと昔の悔しい思いが交差して、涙を潤ませる場面がありましたが、地元ファンの方々も涙ながらに喜んでいる方が多いのではないでしょか。

楽天と言えば、以前から日本の球団らしからぬ、一風変わった運営をするイメージが残ります。

とあるメジャー球団と提携を結んだり、メジャーで本塁打400本以上放った強打者を入団させたり、観覧車を球場の敷地内に設置したりで、人気優先の経営方針が目立ったものです。

今年セリーグのペナントレースを制した広島は、生え抜き選手を大事に育て、地域密着型の経営方針を貫いています。たとえ、勝負に負けたとしても、地元を大事にする姿勢はうらやましく思えてきます・・・。

今年からは、若手の育成に力を置く方針のようで、ストーブリーグにおいても派手な補強の話は聞こえてきません。

また、生え抜きとして活躍した高須さんもコーチとして楽天に復帰しました。

勝負に勝つのも大事ですが、それ以上に、このような方針を続けてほしいものであります。

リラクケア 最安値