外国人のくせ毛風”に髪を切りました

髪を切りに行く時に、写真や何かを持っていきますか? 私は断然持って行く派です。 口で上手く説明する自信がないからです。 でも、写真を持って行くからといって 「これにしてください!」 と言うことではなくて、なんとなくのイメージで好きだな、と思った写真を2~3枚くらい持って行って相談することもあります。

今回、イメージとして持っていったメインの写真は“外国人のくせ毛風ショートボブ”でした。 そのヘアモデルの子はハーフっぽい感じの子でした。 他にも何個か日本人モデルの良い感じのものも盛り込んで、美容師さんに渡しました。 美容師さんは数個の写真をパラパラと見て、フンフンと頷きながら、メインの“外国人のくせ家風ショートボブ”を一番上にしてそれを参考にしながら進めてくれました。 憧れますね、“外国人のくせ毛風”って言葉。 しかし、仕上がりは当たり前ですが“日本人の”くせ毛風ショートボブとなりました。 まあそれは当然ですよね。 私、ばりばり日本人顔ですし。 そんなことは織り込み済みです。 でも、私の和風おばちゃん顔とうまく融合するように可愛くしてくれた美容師さんに感謝です。 美容師さんが上手いのか、ブロウやセットのほとんど出来ない私でもうまく完成系に再現できてしまうのも、すごいなあ、と思います。 気に入っています、今の髪型。DMM英会話 無料レッスン