ダイエットの大敵は栄養失調

このご時世に栄養失調なんて、と笑わないでください。
意外と多い栄養失調は、実はダイエットの大敵です。
その原因をわかりやすくいえば「○○抜きダイエット」です。

よく聞くのが、炭水化物抜き、油(脂)抜き、砂糖抜きのダイエットです。
何かを集中的に摂取する、例えばリンゴやバナナ、ヨーグルトやきな粉、ココアや黒豆などのダイエットとは違い、こちらは抜くのですから体にとって欠乏状態になります。
これまで摂取できていたものが急に摂取できないとなると、体は間違いなく動揺します。
人間の体は賢いですから、生きるために都合が良いことだけを優先的に考えます。

ですから、生きるために必要な炭水化物や脂肪分、糖分が入ってこないとなるとピンチと考えるのです。
しかし、「○○抜きダイエット」は容赦なく続きます。
ミュゼ8月
ピンチに陥った体が生きるために考えること、それは「これ以上、脂肪を落としたらダメだ」「代謝を悪くしなきゃ」ですから、当然痩せるはずがないわけです。
必ず最低限必要な栄養を摂取して欠乏状態を避け、体を納得させながら体に溜まった脂肪を燃焼させつつ代謝をあげるようにしましょう。