バイクと若者と旅

若者はバイクに跨り旅に出ます、現状から遠ざかるため?現状を打破するため、今を否定して逃げるため、涙を振り払うため?新しい見たこともない風景に出会うためでしょうか。やがてバイクは家族が増えて乗用車になりシートをかぶせられ、ママから「何とかしなさいよ、アレ!」とぞんざいな扱いを尻目に劣化してゆきます。バイクとしては内燃機関を爆発させてそのパワーを発揮したいのに…。バイクはパパと一緒に二人っきりでツーリングに行きたいのに、パパはママには頭が上がらず休みの日は車であちこちに駆り出される始末。

いろんな事情でバイクに乗れなくなったなら、そんなときは査定によってあなたが納得できるプライスで新しいライダーによってバイクに息吹を吹き込んでもらうこと、そしてバイクにとってもそれは喜ばれることではないでしょうか。バイクは風を切って走ってナンボだと思いますから。それがバイクにとっての喜び、幸せというものだと思ってます。中高年になって家族とのすき間風を感じだしたら、またバイクに乗ればいいと思うんです。

バイク王 中古