オイル漏れ

エンジン本体から外部にオイル漏れが生じた場合、オイル消費量の多すぎが生じる。しかし、オイル消費量の多すぎ
の原因として、外部にオイルが漏れれば、オイル漏れという不具合で発見され、整備することになります。シリンダ

ブロックの前部または後部のクランクシャフト用オイルシールからオイル漏れが生じる場合はPCVが詰まっている
かもしれない。なぜなら、PCVが詰まるクランクケースの内圧が高くなるからです。内圧が高くなると、その圧力で
クランクケース内のエンジンオイルミスとが多く混じったブローバイガスが、クランクシャフト部分シールから外部に
噴出すことがあるかもしれない。いっぽう、エンジンオイルが滲んでいるほどではオイルの消費量の多すぎという事態
には至らない。排気に白煙が混じって、排気が青い、オイルが漏れているといった症状でる場合は、その症状そのもの
が故障なので、そのまま整備する。

モテる 車