宗教ではありません、調査です

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるのが有効です。たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは後先のことまで考えが及んでいないという実態もあります。配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしたことを実感させるというわけです。

興信所や探偵に調査を依頼するなら、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることは欠かせません。無視できないような悪い評判のある会社では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、訴訟では分が悪いでしょう。どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのは不本意ですよね。ですから、あらかじめきちんと調査しておいたほうが良いでしょう。興信所や探偵社で行う浮気調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。誰だって考える契約があります、不倫に復讐したいという契約です