きっと引越しが終わってからインターネットの移転を想定している方も大勢いるはずだという声がありましたが

政府の自動車産業育成政策と経済改革開放政策によって、九二年頃から自警丁需要は急増し始めているが絶対数はまだ少ない。乗用車生産にして訂、九五年に二四万台規模をめざしている程度である。

 将来を見据えればその市場は限りなく大きいことは間違いないが、その発展のペースはひとえにインフラ整備の状況にかかっている。国民の所得水準がまだまだ低いことはもちろんのこと、基本的な技術力不足、技術者の不足、そして道路の未整備など、課題はいくらでもある。自転車の濁涜のような流れの中を辛が必死でもがいている様を、北京や上海の街で一度でも直接目にしたことがある人なら、そして、一歩街から郊外にでると、アート引越センター道路の半分が籾干し場になってしまっているという現実を目にしたことがある人なら中国が自動車をまともに受け入れられるようになるまでには、まだ長い時間と、気が遠くなるような巨額なインフラへの投資が必要だということが、実感としてわかるだろう。