お酒の役割

1.大量のお酒は睡眠妨害
睡眠をとるには酒は大切な役割があります。
居酒屋でコップ1杯のビールや酎ハイには緩やかな鎮静効果があります。

しかし、大量にアルコールを飲んでしまうとお酒を飲みことが大好きな人は眠りが浅くていつも集中できないようです。
アルコール中毒患者になると、明るい時期でも、ありもしない物を見るようになります。
体内のビタミンB1が不足する様になります。
ビタミンB1は安眠にはなくてはならない物質で健康を維持するにも絶対に必要です。

2.暑い夜の安眠法
夏の蒸し暑い晩は、クーラーを効かせて寝室を涼しくして眠るようにしましょう。
暑くてどうにも耐えられない部屋では体中汗が一杯で、夜中に何度も目が覚めて体中がかゆくなって何度もトイレに起きます。
逆に冬場は加湿器を使う事になります。
それから電気カーペットで部屋の温度を快適にしてください。
眠る前にバスタオルを湿らせてえもんかけにぶら下げてください。
これは、ぜんそく患者やインフルエンザの人には欠かせません。
湿気を含んだ暖かい気流は肺へ乾燥した空気を送らないので咳が収まります。
真夜中に咳をすると周りの人にも迷惑をかける事になります。
マインドガードDX