整骨院と整形外科の違い

体の痛みを感じたら整骨院もしくは整形外科に行く事を考えると思います。整骨院と整形外科にはどのような違いがあるのでしょうか。整形外科は、病院の科の一つであり、医学部を卒業した医師免許を持った医師がいる病院となります。整形外科が専門としているのは、筋肉や関節などの部位となっています。整形外科で施術を受けるとほとんどの症状が健康保険の適用となるので、安い費用で治療を受けることができるでしょう。また、整形外科でリハビリを行うこともありますがその際は整形外科医師ではなく理学療法士が主に担当をしています。整骨院は、柔道整復師という資格を持っている人が治療を行っている院の事をいいます。医師免許ではなく、柔道整復師の免許を持っていれば整骨院の開業をすることが出来るのです。治療は保険適用外になる物も多く、骨折、打撲、脱臼、捻挫、捻痛の場合は保険適用内となっています。それ以外の肩こりなどの治療に関しては自由診療として保険が適用されません。整骨院は整形外科よりも保険適用範囲が狭いのです。また、治療は湿布やマッサージが主となっています。