知的健康について考える

近頃知的健康という単語を割りと耳にするようになりました。この知的健康とは認知症やアルツハイマーにならないように普段から脳への刺激を始めとした予防策を講じることで維持できると思われます。

この予防策というのも色々あって、食事で予防する方法であったり習慣で予防するものや、行動や運動で予防するといった考え方もあります。

運動することは脳とは関係ないように思えますが、動くことで代謝がアップして血管の健康維持につながり、血管の健康維持から脳への十分な血流量が確保できその結果アルツハイマーや認知症を防ぐことができるというプロセスですね。

食べ物に関連しては鳥胸肉にはプラズマローゲンという成分が多く含まれているのでそれらを摂るのが良いですが、多くといっても他の食べ物に比べてという意味で絶対量は少ないです。そのため最近ではプラズマローゲンというものが販売されているのでこういったサプリで補助していった方が確実かつ量も多く摂っていけると思います。